便秘薬を妊娠中に使うには注意が必要です

妊娠中に便秘になると、お腹のハリや重苦しさ、腹痛、痔など、不快な症状が出るため、なんとかして解消したいと思いますよね。

妊娠中の便秘を解消するには、食生活や生活習慣に気をつける必要があるのですが、それによっても解消できない頑固な便秘も多く、「便秘薬を使ってすっきり解消したい!」と思う方も多いのではないでしょうか。

通常の頑固な便秘の場合、市販の便秘薬を使って、すっきり出すことは、よくあることです。
頻繁に強い作用の便秘薬や下剤を使うのは避けた方が良いですが、たまに使う分にはほとんど心配がいらないことが多いです。

しかし、妊娠中の便秘薬の使用については、注意が必要です。

市販されている便秘薬は、様々な種類のものがあり、成分はそれによって異なりますが、中には、作用が強いものがあり、子宮を収縮させてしまい、流産の危険性を高めるものがあります。

市販されている便秘薬は、大腸の蠕動運動が促し、排便しやすくするのですが、蠕動運動が促されると、子宮収縮を引き起こされることがあります。
出産の前に、子宮の収縮を促し、陣痛をきやすくするために浣腸を行う、とういうことを聞いたことがありませんか?
このことからも、大腸の蠕動運動を促すと、子宮の収縮が起き、流産などの危険性があるということがわかると思います。


また、ヒマシ油は、子宮からの出血の危険があり、また、ダイオウやアロエは、子宮収縮作用があるため、これらが含まれる便秘薬は使用してはいけません。


そしてもうひとつ、市販の便秘薬を使用する際は、購入時に、薬剤師に、妊娠していることを必ず伝え、妊婦でも飲めるものを選んでもらいましょう。
また、便秘がひどいからと言って、多く飲んではいけません。
必ず、用法、容量を守って服用しましょう。


妊娠中に便秘になると、痔になったり、様々な不快な症状が出るため、便秘薬を使って解消しても良いのですが、万が一のことを考え、かかりつけ医に相談のうえ、処方してもらうのが一番良いと思います。

妊娠中の便秘関連情報

妊娠中の便秘に我慢できず、便秘薬を使って楽になりたい!という女性も多いのではないでしょうか。
しかし、妊娠中の便秘薬の使用は、流産の恐れがあり危険です。
妊娠中の便秘薬の使用についての注意点をご紹介していますので、チェックしてください。