妊娠中の便秘の原因を知って、対策を考える

妊娠によって、便秘になる方は非常に多く、妊娠と便秘は切っても切り離せないほど、常に隣り合わせの厄介なものです。

妊娠している方や、妊娠経験のある方のほとんどが、妊娠による便秘を経験しているのではないでしょうか。

妊娠前と後と、同じ生活をしているにもかかわらず、なぜ妊娠中は、便秘になりやすいのでしょうか。

ここでは、妊娠中の便秘の原因について分かりやすくご紹介しますので、便秘解消・予防にお役立てください。

妊娠中の便秘の原因

胎盤から分泌される黄体ホルモンの分泌が盛んになるため

・腸の働きが悪くなる

子宮が大きくなることによって、腸を圧迫するため

・排便反射が鈍くなるため

ホルモンバランスが乱れることによって、自律神経失調症に似たような状態になり、神経伝達がうまくいかず、排便が促されない

・つわりなどによって、食べる量が減ってしまったり、偏った食事になってしまうため

運動不足

・水分不足(摂取した水分も胎児に行くため)


このように、妊娠中は、普段とは違ったホルモンバランスになったり、必要な栄養や水分が十分摂取できていないことなどが便秘につながります。

これらの原因を知ることによって、妊娠中の便秘を解消・予防することができますので、普段以上に食生活などに気をつけて生活しましょう。


妊娠中の便秘関連情報

妊娠中に便秘になってしまう方は非常に多く、たくさんの妊婦さんが悩んでいます。
では、妊娠中の便秘の原因は何なのでしょうか。
その原因を解説しています。