妊娠中に便秘が起こりやすい時期とその理由

妊娠中に便秘を経験している方は、非常に多いと思いますが、妊娠初期〜後期にかけて、特に便秘になりやすい時期があります。

ここでは、妊娠中に特に便秘が起こりやすい時期についてご紹介しますので、便秘解消・予防にお役立てください。


妊娠中の便秘は、妊娠期間を通してなりやすいのですが、特に、妊娠初期が、便秘になりやすい時期と言えます。

妊娠中の便秘の原因の一つに、黄体ホルモンの分泌が盛んになることが挙げられます。

妊娠すると、胎児をしっかりと子宮内にとどめ、妊娠を順調に進めるために、黄体ホルモンが多量に分泌されます。
黄体ホルモンは、流産しにくくするために、腸の動きを最低限にとどめるので、便秘になりやすいのです。

また、妊娠初期は、つわりになる方が多く、食べ物の摂取量が減ることによって、便秘になりやすくなるので、妊娠初期は便秘になりやすい時期なのです。
次に便秘になりやすいのが、妊娠後期です。

妊娠後期になってくると、お腹がどんどん大きくなりますよね。
その大きくなったお腹が子宮を圧迫し、腸の動きを妨げるので、便秘になりやすくなります。

また、腹筋が今まで以上に弱くなりますので、思うようにいきめず、排便する力が弱くなることも、妊娠後期に便秘を訴える方が多い理由です。

出産が近づくと、お腹に力を入れることに抵抗を感じるようになり、それが原因でも便秘になるようです。

その他にも、妊娠後期は、思うように体が動かせなかったり、体が重くて動くのがおっくになり、運動不足になりがちです。
それが原因によって、便秘になることがありますので、体調が良いのであれば、散歩をするなどして、適度に体を動かした方がよいでしょう。


妊娠中は、全期を通して便秘になりやすいので、普段以上に食生活や生活習慣に気をつけるようにしましょう。


妊娠中の便秘関連情報

妊娠中のどの時期に便秘が起こりやすくなるのでしょうか。
妊娠中の便秘になりやすい時期と、妊娠すると便秘になりやすくなる理由を説明しています。