妊娠中の便秘解消を促す生活習慣の改善

妊娠中の便秘の原因に、食事や運動、睡眠などの生活習慣が挙げられます。

妊娠中は、黄体ホルモンの分泌が盛んになり、腸の働きを鈍らせたり、大きくなるお腹に腸が圧迫されることによって、動きが鈍くなることによって、通常の場合に比べ、便秘になりやすい状態です。

そのため、妊娠前は便秘ではなかった方も、妊娠前と同じ生活習慣では、便秘になってしまうことがあります。

では、どのような生活習慣を送っていると、便秘になりやすいのか、わかりやすくご紹介しましょう。

便秘になりやすい生活習慣とは?


夜更かしや朝寝坊などで、就寝時間や起床時間が決まっていない

・十分な睡眠時間が確保できていない

忙しくてトイレにゆっくり座る時間がない

・好き嫌いが多く、偏った食生活である

排便できないことがストレスになっている

・運動をする機会がない


このような生活習慣を送っていては、妊娠中に便秘になってしまったり、便秘を悪化させてしまいますので、思い当たる方は、一つ一つ改善していくことが大切です。

睡眠時間を十分に取ったり、規則正しい生活を送ることは、妊娠中の便秘を解消・予防するだけでなく、体重増加を防いだり、妊娠中の不快な症状を解消することにもつながり、健康的な妊娠生活を送ることができます。

妊娠中の便秘を解消するためにも、生活習慣を見直してみましょう。


生活習慣の改善関連ページ

食生活の改善
ツボを刺激する
運動をする

妊娠中の便秘関連情報

妊娠中の便秘を解消するなら、生活習慣を見直していませんか。
普段の生活習慣のなかに、便秘の理由があるかもしれません。
どんな生活習慣が良くないのか、説明しています。