軽い運動で、妊娠中の便秘解消を促そう

妊娠中の便秘でお悩みの方は、適度に体を動かしていますか?

妊娠中の便秘の原因は、運動不足にあるかもしれません。

妊娠中は、初期は、つわりや体調不良によって、運動をする余裕がないという方や、後期になると、大きく重くなったお腹では、運動をするのがおっくうであるなど、妊娠中は、全期を通して運動をする機会を失っている方が多いように思います。

また、運動することによって、胎児に影響を与えてしまうのではないか、などと必要以上に心配することによって、運動不足を招いている方もいるようです。

確かに、妊娠中は、激しい運動はできません。
妊娠初期に激しい運動をすると、赤ちゃんに影響を与えてしまう可能性があったり、お腹が大きくなるにつれて、体のバランスが悪くなってしまいます。

お腹が重いので、どうしても重心が前になってしまい、躓きやすかったり、お腹が邪魔をして足元が見えにくいため、転びやすいなど、普段は何気ない動作でも怪我などをしやすくなってしまいます。
そういった意味でも、妊娠中は、激しい運動を避けた方が良いのです。

しかし、全く運動をしないでいると、便秘になってしまう上に、過剰な体重増加につながってしまうので、軽めの運動をするようにしましょう。
オススメは、軽めのウォーキングやスイミングです。
ゆっくり近所を散歩したり、水中を歩くことは、運動不足を解消できますし、胎児に影響を与えることがないのでオススメです。

ただし、お腹のハリなどを強く感じる場合は、休憩するか、日を改めて行いましょう。
何事も無理は禁物です。



また、日常生活にも運動を取り入れることができます。

例えば、拭き掃除です。
床を拭き掃除することによって、股関節を柔らかくしたり、下半身の筋肉を鍛えることができるので、オススメです。
部屋も綺麗になって、一石二鳥です。


妊娠中は、手軽にできることを取り入れて、運動不足を解消するようにすると、便秘を解消・予防することができ、体重増加も抑えることができます。


妊娠中の便秘関連情報

妊娠中の便秘解消のためには、運動をすることが大切です。
激しい運動はできませんので、簡単で安全な運動を続けることがおすすめです。