「漢方薬」で妊娠中の便秘を解消しよう

妊娠中の便秘を解消するために、薬を使いたいと思う方もいると思います。

確かに、便秘薬を使えば、すぐに便秘を解消することができますが、中には作用が強いものがあり、子宮の収縮を引き起こすこともあるため、できれば避けたいものです。

しかし、薬は薬でも、漢方薬であれば、妊娠中も使うことができます。

妊娠中に風邪をひいたり、体調不良で薬を処方してもらったことがある方はご存知かもしれませんが、妊娠中に処方される薬の多くが漢方薬によるものです。

漢方薬は、生薬を原料に作られているので、副作用の心配がなく、効き目が緩やかなので、妊娠中でも安心して服用できます。


妊娠中の便秘解消に処方される代表的な漢方薬には、当帰、芍薬、麻子仁、山梔子(サンシシ)があります。
これらの生薬は、腸を潤し、排便を促します。

ただし、便秘解消効果がある漢方薬の全てが、妊娠中に服用できるというわけではありません。
「大黄」入りは、服用しないようにしましょう。
「大黄」は、刺激が強く、激しい腹痛や下痢を引き起こし、流産や早産の原因になることがあるので避けましょう。

その他にも、巴豆(はず)、大戟(たいげき)、商陸(しょうりく)、三稜(さんりょう)、莪朮(がじゅつ)、牽牛子(けんごし)、センナ、アロエが入った漢方薬は使用してはいけません。

産婦人科で、便秘薬を処方してもらう場合は、妊娠中に禁忌である漢方薬は処方されないので、心配する必要はありませんが、市販薬を購入する際は、十分注意してください。

できれば、産婦人科で処方してもらうか、薬剤師のいる薬局で、相談のうえ、購入するのが良いでしょう。

妊娠中の便秘解消に良い「漢方薬」関連ページ

カイテキオリゴ
するっと抹茶
天使をはこぶオリゴ糖
サプリメント

妊娠中の便秘関連情報

妊娠中の便秘を解消するなら、「漢方薬」を利用してみませんか?
便秘解消におすすめな漢方薬と、妊娠中に摂取してはいけない漢方薬をご紹介しています。